ブログトップ

つながる日々。

tsumuguito.exblog.jp

わすれられない一日。

巣巣さんでのワークショップ3回目が終わりました。

参加された方の中にご年配の男性がいっしゃいました。

1目1目つたない手つきで一生懸命編んでいる姿がとても印象的で、その表情はやわらかくて。
そんな姿を見ていたら、胸が熱くなってきて心から編み物をやっていてよかったと思いました。

その方が使っていたかぎ針ケースは奥様が何十年も前から使っていたものを譲り受けたそうです。

なんて素敵なんだろう。
手仕事をしていると、こういう人との出会いや胸を熱くする瞬間に出会うことがあります。

こんな繋がりがあるからこそ、私は編み物を続けてこれたのかもしれない。
この日のこと、心に大切に刻んでおこうと思ったのでした。

a0267430_2130574.jpg

[PR]
# by tsumugi-knits | 2014-10-28 21:27 | 編み物手帖。

ミトンの親指。

いよいよ最後の作業、親指を編んでいます。
この作業がミトンの中で一番苦手なのに、一番たのしい。
苦手だけど、編み始めるとなんだかたのしくなって、もうすぐこの編み地ともさよならかぁとセンチメンタルになってくるそんな作業です。

そして本体からニョキニョキ親指が生えてくるようなこの図がかなり好きです。
a0267430_21223238.jpg


[PR]
# by tsumugi-knits | 2014-10-27 20:20 | ラトヴィアの手編みミトン。

Knit Marche vol.18

・・Knit Marche vol.18・・
2014 秋/冬
日本ヴォーグ社

「私とニットと手づくりと」
というコーナーで紹介していただきました。

私と編み物のこと、今まで編んだ物や道具などが紹介されています。

うれしいやらはずかしいやらなんだかムズムズ…です。
a0267430_2120186.jpg


[PR]
# by tsumugi-knits | 2014-10-26 21:18

臨時休業のお知らせ。

本日22日の営業は、誠に勝手ながらお休みさせていただきます。

申し訳ございません。
またのご来店をお待ちしております。

a0267430_985621.jpg

[PR]
# by tsumugi-knits | 2014-10-22 09:07

明日は。

明日は巣巣さんでのワークショップです。

今回編む模様は、左のオレンジ色はヴィゼメ地方、右の黒色はラトガレ地方の伝統模様です。

ラトヴィアには4つの地方があるなかで、いつもいいなぁと思うのはこの2つの地方の模様でした。

どちらも花の存在を身近に感じ、花にまつわる風習がたくさん残っているラトヴィアの人たちの、愛らしい花柄のミトンが多いからかな。

模様にはそれぞれ意味があり、女性たちはミトンを編むときに相手を気遣う気持ちや密かな願い事を込めたといいます。
編んでいるとその人々になったように感じることがあります。それは今の私にも通ずるものがあるような、長い時間が流れても、人の心は変わっていないと感じさせてくれるのでした。
a0267430_237834.jpg

[PR]
# by tsumugi-knits | 2014-09-20 23:05 | ラトヴィアの手編みミトン。