ブログトップ

つながる日々。

tsumuguito.exblog.jp

<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日曜日。

先週の日曜日、家族でブラリお出掛けに。

まずは鬼子母神の手創り市へ。
ずっと会いたかった作家さんに会いに。

鬼子母神でのお買い物。
a0267430_17261881.jpg


手描きのラインにフチがクッキーのような質感の大皿を。
我が家は大皿があまりないので、はじめてのかわいい大皿うれしいな。


もうひとつは、おうちのブローチ。
旦那さんがプレゼントしてくれた。
おうち好き、ブローチ好きの私にはたまらないコンビネーション。



それからちょっと移動して、合羽橋、蔵前へ。
a0267430_17262033.jpg


ようこそ、こんにちは!とお出迎えしてくれたのはニイミのおじさん。

a0267430_17262263.jpg


itonowa life素敵な空間。


a0267430_1726239.jpg


マフィンの型とクッキー型を買って、今年は美味しいお菓子を息子たちに作ってあげようと思うのでした。
傘のクッキー型は、ciclicoさんのブログで見てかわいいなぁと思っていたもの
。偶然見つけたのでこちらも購入。うれしいな。


a0267430_17262575.jpg



最後はこちら。
やっぱり近くで見ると迫力ある。
東京タワーが好きだけれど、こちらも素敵。


そうそう、東京ドームで息子たちの大好きなレンジャーショーも見てきました(笑)


[PR]
by tsumugi-knits | 2013-02-23 17:28

日々を彩るよそおいブローチ。

サルビアさんからすてきなブローチが届きました。
塚野刺繍さんとつくられた刺繍は春夏秋冬、それぞれの季節をイメージされた図案でひとつひとつに物語があります。

a0267430_1437674.jpg



一面のすみれ畑
雪が溶けて一日ごとに日が延びていく頃、淡いピンクや紫色のすみれの中を散歩するのがフィーカ(3時のおやつ)のあとのお楽しみ。



a0267430_1437820.jpg



湖でさかな釣り
夏の気配を感じたら、きらきら光る湖へ。小さなボートを漕ぎながら子どもたちとさかな釣りへ出かけましょう。



a0267430_14371177.jpg



ブルーベリー摘み
野生のブルーベリーは大粒で味もワイルドです。かごいっぱいに積んだら、木の下でピクニック。
摘みたてのベリージュースをつくってみましょう。


a0267430_14371330.jpg



雪化粧の森
軽くてさらさらな初雪はパウダーのよう。木々が雪をかぶったら、本格的な冬の到来です。
ニット帽やミトンなど、冬じたくはしっかりと。


春夏 各2100円
秋冬 各2310円

どれも彩りが綺麗で、「やさしさ」を表現した刺繍です。
そしてブローチを入れる箱も竹内紙器製作所さんで作られたとてもかわいいBOXです。

バックや帽子、もちろんお洋服につけてもかわいい心彩るブローチです。
[PR]
by tsumugi-knits | 2013-02-16 11:33

今日ものんびり。

2月は毎週水曜日に雪が降っているような気がします。


今日の朝も窓を開ければ雪景色。
それからおひさまが出て、外からはチョロチョロと雪がとける音が聞こえます。

今日は、保育園をおさぼりの息子と一緒にのんびり営業日です。
あたたかいゆず茶をご用意してお待ちしております。

a0267430_12424180.jpg




今週は16日の土曜日も営業しております。


2月の営業日。

16日(土)11時から15時
20日(水)11時から16時
27日(水)11時から16時
[PR]
by tsumugi-knits | 2013-02-13 12:35

ciclicoさん。

ciclicoさんからあたらしいものが届きました。

a0267430_12585771.jpg


がまぐち 各2000円 左側のがま口 sold out
めがねケース 1500円

a0267430_12585928.jpg


ブックカバー 各1500円

a0267430_1259193.jpg


ガーゼのまるくびスタイ [コットンガーゼ] 各1300円
写真上と下のスタイ sold out


ciclicoさんとの出会いはもう何年か前に、作品を置いていただいていたお店が一緒だったことがキッカケでした。

その頃からいつかお店をはじめたいなぁと心の片隅に思っていた私は、いつかお店を始めたらciclicoさんの作品をお店にとひっそり想っていました。


それから何度かやりとりを重ねて、お店を始める時に最初に連絡したのがciclicoさん。
そう、ciclicoさんとのやり取りがツムギのスタートでした。

それからしばらくした夏のはじまり。
始めてお会いしたのは新宿という人に溢れた街。


でも歩いてくる姿を見て、すぐにわかりました。
前からずっと、どこかで知り合っていたような感覚。
初めて話をしたけれど、子育てのこととか日々のこととか自然に話せて沈黙さえも心地いい。


そんな彼女のつくりだすものたちは、持っているだけで、鞄の中にあるだけで、日々の小さな大切を想い出させてくれるようなものばかりなのです。
[PR]
by tsumugi-knits | 2013-02-13 12:13